メニュー 閉じる

What’s G-plan

Slider

1960年代ロンドン、都市生活者の憧れはG-PLANでした。

1960年代、イギリスの家具メーカー E.GOMME社はスカンジナビアン・デザイン(北欧のスタイル)の影響を色濃く受けたチーク材の家具をG-planシリーズとして発売。現在の日本でも人気の高い北欧スタイルの家具は、G-planによって当時初めてイギリスに紹介され、アーティストやクリエーターを中心にロンドンで大流行しました。当時の雰囲気を伝えるどこか懐かしさのあるデザインや、都市生活者に対応した小ぶりなサイズが日本の住環境にもしっくりと馴染みます。現在でもG-planというブランドは存在しますが、1950~70年代に製造されたアイテムの評価が高く、今なお当時のイギリスを代表するプロダクトとしてその名が知られています。トランジスタではデザインと機能性に優れた、1960年代前後のものにこだわって買付けをしています。

G-Planシリーズ

1950~60年代
オーク材のシリーズ

オーク材の明るくきれいな木目は女性的な柔い印象を持ちます。
少し角ばった取手が特徴的なこれらのシリーズは、1950年代当時のビジュアルブックにも掲載される程注目されていました。

1950~60年代
BB(Black & Brass)シリーズ

木材のブラウンと塗装した黒のコントラストがデザイン全体を引き締めているこのシリーズは、真鍮メッキの鈍い光がアクセントになっています。

1960年代~
チーク材のシリーズ

無垢の木を削り出した取手が特徴の1960年代以降のシリーズ。
チーク材を贅沢に使った貫(脚と脚の間を繋ぐ木製部分)の緩やかなカーブが印象的です。
デンマークなどの北欧家具に見られる女性的な繊細さに対して、少し無骨なG-planシリーズ。そのラフな加減もこのシリーズの魅力です。