メニュー 閉じる

G-plan – Coffee Table

G-plan GLASS TOP COFFEE TABLE (ROUND)

品番UK2010-010
品名G-plan GLASS TOP COFFEE TABLE (ROUND)
原産国England
サイズW840 × D840 × H455 mm
素材TEAK
価格 SOLD
備考G-planを代表する、小スペースでも有効に使える円形のガラスコーヒーテーブル。有機的なカーブを描くクロスした脚が特徴的です。
 
*実際の商品と掲載画像は別のもので、木目色味等若干異なります。
*掲載画像は以前入荷したものを仕上完了後に撮影したものです。
*現在展示している商品は仕上げ前の状態です。表面の古い塗装を全てサンドペーパーで剥離後、オイルをしみ込ませて深みのある色合いを引出します。その後、つや消しのクリア塗装(ラッカー塗装)を施し、ツヤ感が少し出る程度に軽く研磨してからワックスをかけて終了。細かいキズや汚れはほとんど消えて見違えるほどきれいになります。また、表面の塗装はあまりピカピカにならない様に留意し、半ツヤくらいの、あくまでも品のあるツヤ感に仕上ます。表面は滑らかなしっとりとした手触りになります。

G-plan GLASS TOP COFFEE TABLE (OVAL)

品番UK2004-050
品名GLASS TOP COFFEE TABLE (OVAL)
原産国England
サイズW1220 × D660 × H420 (mm)
素材TEAK
価格 SOLD
備考流線型にデザインされた脚部は発売から60年近く経った今なお色あせない斬新なフォルム。近未来を予感させる造形は、1960年代人類が宇宙に憧れた時代の象徴でもあったのでしょう。年々イギリス現地でも数が少なくなってきた希少なガラステーブルは、これ1台でお部屋の雰囲気を驚くほど変えてくれます。

G-plan GLASS TOP COFFEE TABLE (RECT)

品番UK2010-056
品名GLASS TOP COFFEE TABLE (RECT)
原産国England
サイズW1370 × D510 × H430 mm
素材TEAK
価格 SOLD
備考今やイギリス現地でも入手しづらくなり、非常に希少となったG-PLANの長方形ガラスコーヒーテーブル。無垢のチーク材を贅沢に使った貫(脚と脚の間を繋ぐ木製部分)が特徴的です。天板の美しい木目を楽しみつつ、圧迫感のないガラス部分の下にはお気に入りのモノをディスプレイする楽しさが広がります。小さな植物やオブジェを置くだけでも絵になるし、実用的に書籍やリモコンを置いたりするにも便利ですね。

G-PLAN COFFEE TABLE (Brasilia/L)

品番UK2010-002
品名G-PLAN COFFEE TABLE (Brasilia/L)
原産国England
サイズW1370 × D500 × H400 mm
素材TEAK
価格 SOLD
備考G-PLANの中でもFrescoシリーズと並び人気の高いBrasiliaシリーズのコーヒーテーブル。G-PLANといえばガラステーブルが有名ですが、こちらは木製天板の落ち着いた雰囲気。シンプルで飽きのこないデザインでありながら、左右上部を柔らかな曲線でくり抜いたアーチ状の幕板が特徴的です。幅137cmと大きめのコーヒーテーブルは3人掛けソファにぴったりのサイズ。床に座っても使える高さが便利ですね。
 
*こちらの商品は仕上げ前の状態です。表面の古い塗装を全てサンドペーパーで剥離後、オイルをしみ込ませて深みのある色合いを引出します。その後、つや消しのクリア塗装(ラッカー塗装)を施し、ツヤ感が少し出る程度に軽く研磨してからワックスをかけて終了。細かいキズや汚れはほとんど消えて見違えるほどきれいになります。また、表面の塗装はあまりピカピカにならない様に留意し、半ツヤくらいの、あくまでも品のあるツヤ感に仕上ます。表面は滑らかなしっとりとした手触りになります。

G-plan COFFEE TABLE (Kofod Larsen/S)

品番UK2004-040
品名COFFEE TABLE (Kofod Larsen/S)
原産国England
サイズW760 × D500 × H460 mm
素材TEAK
価格 SOLD
備考1960年代、全世界的に流行していたスカンジナビアン・デザイン(北欧のスタイル)。デンマークやスェーデンに代表されるこれらの家具にイギリス市場を奪われ始めたE.GOMME社は危機感を感じ、自らも北欧デザインの家具を製作すべくデンマークの著名なインテリアデザイナー " イヴ・コフォド・ラーセン(Ib Kofod Larsen) " に白羽の矢を立てます。当時、ラーセンがG-PLANにデザインを提供したアイテムは多岐にわたり数多くのアイテムが製作されました。1960年代のある一定期間しか製作されなかったこれらの家具は、その希少性と高いクオリティーで現在ではプレミアムが付いており、入手困難である上にG-PLANのレギュラーなアイテム以上にイギリス国内でも価格が高騰しています。
 
その中でも人気のあったコンパクトなコーヒーテーブルはラーセンの特徴である貫(左右の脚を繋ぐ棚を形成する部分)のデザインと線の細い脚が印象的です。また、天板の縁周りは上下ともに斜めにカットされており、厚みのある天板が薄く軽やかに見えてシャープな印象を与えます。天板下の棚には雑誌やリモコンを置くのにも便利ですね。
 
画像は仕上げ前の状態ですが、お届け前に表面全体の古い塗料をサンドペーパーで剥離し再塗装いたします。仕上げ完了後は細かいキズやシミは消えて、日焼けして色あせた天板もチーク材らしい深みのある色合いに変化し、乾燥した表面もしっとりとしたなめらかな手触りになります。